印刷 技術道

◆基準カラー

2009.08.24

基本情報

カラーマネージメントの原則となるのが、基準カラーです。
国際標準化機構ISOでは各国で基準カラーを制定しています。
日本では、ISO/TC130国内委員会でJapanColorを制定しています。最新はJapanColor2007で現代のCTP運用が主流となったことに合わせて改定されました。
今回は、JapanColorをご紹介しましょう。

■色を数値化して表現する方法は沢山ありますが、JapanColorではL*a*b*表色系(エルスター・エースター・ビースター)表色系を用います。L*a*b*表色系は1976年に国際照明委員会(CIE)で規格化され、日本でもJIS(JISZ8729)において採用されています。
L*a*b*表色系は立体で表現しますが、まず円周方向が色相(いろあい)を表します。
a*b*が彩度(鮮やかさ)を表します。
+a*:赤 −a*:緑
+b*:青 −b*:黄 
最大値は60です。数字が大きくなる程鮮やかになり中心になる程くすみます。

L*:明度(明るさ)を表します。上図の真ん中に直交する軸です。
 明度は0〜100で表し真上が0(白):真下が100(黒)です。
   
例えば L43 a+43 b+14 
Lが43 中間よりやや明るいaが+43 赤みが強いですね。Bが+14 やや黄色方向によっています。日本語で表現すると鮮やかな赤となるでしょう。

■Japan Colorの構成
Japan Colorは標準インキ、標準用紙、ベタ色標準測色値で構成されます。
標準インキは、各社からプロセスカラー用インキとして供給されています。

JAPAN COLOR標準用紙の特性(アート紙)


ISOの規格を満たしている用紙の銘柄


ベタ色標準測色値


実際の印刷においてISOでは色差 ΔE<6とされています。
ΔE<6と言ってもピンときませんね。
色差値(ΔE)を表す代表的な方法としてNBS単位(米国標準局)があります。

ΔE<6では色差が著しいとなっています。
ΔE<1.5が望ましい値ですが、現実には標準を定める印刷会社向けのJapanColor策定用ツールがΔE<3となっています。

■Japan Colorの種類
(社)日本印刷産業機械工業会 ISO/TC130国内委員会が制定しています。
枚葉印刷用ジャパンカラー2007
枚葉印刷機用の基準カラーで、印刷用紙がアート紙・マットコート紙・コート紙・上質紙で構成されます。
新聞用ジャパンカラー:JCN2002/Ver.1
新聞用印刷における標準的な用紙とインキを使い、標準的な印刷条件で印刷した場合の色の基準です。
商業オフ輪用ジャパンカラー:JCW2003/Ver.1
商業オフ輪用印刷における標準的な用紙とインキを使い、標準的な印刷条件で印刷した場合の色の基準です。

■JMPAカラー
(社)日本雑誌協会が定めたJapan Colorをベースにした雑誌広告の基準カラーです。
 ナショナル広告と呼ばれる全国版の広告の場合、従来は新聞も含めてポジフィルムが送られていました。その場合色校正がセットで送られるために印刷では色校正に合わせて印刷します。
 しかし、製作部門がデジタル化しデーターの送付に対応して作成されたのがJMPAカラーです
JMPAカラー
 JMPAkカラーの構成は、現実に即した内容となっています。

このキットは、ベンダー例えばプリンターメーカーに供給されます。
 プリンターメーカーは、自社のプリンターで基準用のDDCP出力物に合わせ込みを行います。
 それをプリンタープロファイルとして、プリンターにセットして販売します。

 次回はJMPAカラーでの運用をご紹介しましょう。

◆商標登録

2009.08.12

基本情報

最近、偽ブランド商品の摘発で話題となっている商標ですが、フリーペーパーに使われる冊子名も当然商標ですね。
フリーペーパー印刷通販社では、フリーペーパーの企画・立案段階でご相談を受けるケースの場合、お客様が付けられた冊子名の商標について調査、商標登録のアドバイスをさせて頂いています。
今回は、商標についてご紹介しましょう。

■商標侵害した場合の責任
(1)差止請求
商標権が侵害または侵害するおそれがある場合に、故意・過失に関わらず使用の停止、もしくは使用しないよう請求を受けます。
(2)損害賠償請求
故意または過失による侵害で生じた損害の賠償を請求されます。
(3)不当利得返還請求
商標権者が被った損失を不当利得として返還請求される場合があります。
(4)信用回復措置請求
信用の回復に必要な措置(新聞等の謝罪広告、テレビにおける謝罪放送等)を命ずるよう裁判所に請求される場合があります。
(5)刑事上の救済
刑事告訴により刑事上の責任を問われる場合があります。

偽ブランドを販売していたショップに警察の手入れがあることは当然と理解できますが、冊子名も立派な商標であることをご理解下さい。

■どのような商標が商標登録できないか?
‐ι別松里鯢當未忙箸錣譴觚斥佞世韻脳ι
 例)車のメンテナンス屋さん
⊂ι別松里慣用されている場合。
 例)フリーペーパー 
商品の産地: 商品の販売地: 商品の品質:商品の原材料:商品の効能: 商品の用途:商品の数量:商品の形状: 商品の価格:商品の生産の方法:商品の生産の時期:商品の使用の方法:商品の使用の時期:役務の提供の場所:役務の質:役務の提供の用に供する物: 役務の効能:役務の用途:役務の数量: 役務の態様:役務の価格:役務の提供の方法:役務の提供の時期
※役務:サービス
い△蠅佞譴震松里鯢當未僕僂い蕕譴詈法で表示。
 例)人名 山田
ゴ蔽韻任△蠅佞譴辛絃呂里澆らなる商標
  例)真っ直ぐな道
商品又は役務であることを認識することのできない商標
 例)大切なお金で上手なお買物
詳しくは特許庁のホームページをご参照下さい。
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_gaiyou/mitoroku.htm

■商標登録の調べ方
 まず大切なことは、折角のアイデアが商標登録されていないかを調べることです。
 検索は特許電子図書館に入ります。
 方法はたくさんありますが、私たちは以下を使います。
http://www.ipdl.inpit.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm



呼称へ調べたい商標を記入します。
全角カタカナが必須条件です。
次に区分の入力です。
16と35半角で入力して下さい。
ちなみに区分16と35は以下です。





ためしに フリーペーパー 16 35 で検索してみました。


3件が第35類で登録されています。
フリーペーパーだけでは商品名称が慣用されているとの理由で却下されますが、他の言葉と組合わせれば商標登録が可能となります。

■商標登録出願 必要費用
 出願時に必要となる費用です。


区分数は商品の場合、予想される範囲で広げる方がより権利が確保できますが、冊子名の場合には、35の1区分で良いと思います。

正式に商標として認められた場合

商標登録は10年有効です。
10年分の印紙代の払い込みが必要です。

代行して頂く弁理士さんを使うと、その費用は別途発生します。
現在は電子申請が可能ですから、自分で申請すれば印紙代だけで商標登録ができます。

商標登録するか否かは、別にしてまずは名称を検索し他者の権利を犯していないことを確認することが大切です。

◆QRコード

2009.08.05

基本情報

最近QRコードを冊子紙面に利用されることが多くなっています。
QRコードを技術的な観点からご紹介しましょう。

携帯電話でのQRコード使用です。


AU バーコード仕様


■NTTドコモはプリンターで600dpi(1200dpi推奨)となってます。
フリーペーパー印刷通販社のCTPは2400dpiで運用しています。
従ってできるだけ解像度を高くする方が良いでしょう。

QRコード作成をDTPアプリで作成されれば問題ありませんが、windouwsのアプリなりASPサービスを利用された場合、RGBで作成される場合が多いようです。
■RGBからの変換時の注意事項
・PhotoShopで開き、グレースケールにします。
・グレースケールからモノクロにします。
・解像度:作成時の解像度を参照して下さい。
・種類:50%を基準に2階調に分けるを選択して下さい。
 例えば誤差拡散(ディザ)とした場合、ピンホールが発生する可能性が高くなります。



■掲載するサイズについて
QRは、情報量に応じてバージョンが決められます。
バージョン1で21x21セル バージョンが1上がることに4セルごとに増していきます。
最大バージョン40で177セルx177セルとなります。

ちなみにバージョン2で作成されたORコードの最小サイズは、AUの雑誌への推奨、0.3mm
 x21=6.3mm+マージンです。AUは4ピクセルとしていますから最低1.2mmは空けた方が良いでしょう。
■バージョンについて
 AUでは雑誌では、誤り訂正レベルMを推奨しています。

■白色度について
NTTドコモの白色度85%以上の上質紙には、問題があります。現実的には上質紙で68%〜72%
マットコートで72%〜82%です。
可読性を考慮した場合、出来るだけサイズを大きくした方が確実です。

■QRコードを紙面にレイアウトされる場合、そのORコードのバージョンを知って頂き必要な
サイズとマージンを決定して頂くことが大切です。
そして可能な限り、大きくレイアウトされることです。


ちなみに私のQRコードです。NTTドコモ対応です。

12|3|

テーマ アーカイブ
Windows10
DTP
ユニバーサルデザイン
エコ
基本情報 個人情報保護法 JIS Q 15001 プライバシーマーク
印刷用紙
PRINT 09 展示会
e-book
スマートフォン 
Google 検索
クラウド 
タブレット 
ソーシャルメディア ポリシー 
印刷機 
クラウド
Drupa 2012 展示会 
AR
QRコード 
Pintrest
デザリング
O2O
SNS
画像認識技術
セキュリティ 
動画マーケッティング 
マイナンバー 
オムニチャンネル 
3Dパノラマ
食品の機能性表示 
文字情報基盤 
基本情報
雑記
月別 アーカイブ
2015年11月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
年月
RSS1.0

サンプル請求、お問い合わせはお気軽に 電話096-319-5933(受付時間 AM8:30〜PM5:30)/お問い合わせフォームはクリック