印刷 技術道

◆環境表示ガイドラインが改定されました。

2013.04.17

エコ

環境省の「環境表示ガイドライン」が改定されました。
2008年に策定され、今回が2度めの改定です。

主な改訂の内容。
・ガイドラインの利用対象及び適用範囲を明確化
・自己宣言による環境表示は、タイプ教格の要求事項を満たすべきであることを明示
・タイプ教格のチェックリストを掲載
・従前のガイドライン独自の要求事項を見直し、国際規格における要求事項に加えた推奨事項として記載 等

ここで言っているタイプ兇箸蓮ISO14021タイプ挟超ラベル表示の事です。
2008年に策定された段階から言われていた事で、今回の改定は更に強調された感があります。

ISO14021タイプI規格の要求事項としては、下記の5つを基本項目として定めています。

1.あいまいな表現や環境主張は行わないこと
2.環境主張の内容に説明文を付けること
3.環境主張の検証に必要なデータ及び評価方法が提供可能であること
4.製品又は工程における比較主張はLCA評価、数値等により適切になされていること
5.評価及び検証のための情報にアクセスが可能であること

環境省も認めていますが、周知できていません。
ガイドラインですから、懲罰はありませんが、景品広告法で排除命令が出る場合もあります。

過去排除命令が出た事例

「環境に優しい」をキャッチコピーにした再生コピー用紙について、古紙配合率を実際よりも高く表示していた事例につき、優良誤認として排除命令。
「CO2排出量48%削減」、「エコ冷蔵庫」と広告宣伝していた冷蔵庫の事例について、優良誤認として排除命令。

公益社団法人 日本広告審査機構 (略称:JARO)のQ&Aより

Q: 「地球にやさしい商品を扱っている」と、自社が環境問題に取り組んでいることを広告にうたいたいが、問題はないだろうか。

A: 「環境に安全」「環境にやさしい」「地球にやさしい」「無公害」「グリーン」などのような、あいまいな表現によって環境への配慮を大まかにほのめかす主張は避ける必要がある。こうした主張の多くは、その根拠が明記されていないため解釈が難しく、消費者に対して美的な映像やデザイン、シンボルマークのみを使用して環境に配慮されたものであるかのような印象を与える可能性がある。それらの弊害を避けるためにも、独自または共通の基準および適合状態や改善状況などを、具体的に説明することが必要となる。

環境ラベルを使う場合の推奨事項にはこの様な表記があります。



従来は下に記述されている文面は記載していない事が多かったのですが、この様に具体的な説明が望ましいとされています。

今回改定の環境表示ガイドラインの付録部分で環境ラベルとしての事例として、「GPマーク」が公的基準や第三者機関認証の良い事例として紹介されています。

当社はGP認定取得工場です。当社での印刷はGPマーク三ツ星の表示ができます。
是非ご検討下さい。



















◆FSC森林認証を取得しました。

2013.03.12

エコ

当社では、印刷物への環境表示ラベルとして世界的な権威のあるFSC森林認証を取得しました。

今地球温暖化による急激な気候変動が起こっています。生活者として環境活動に少しでも貢献したいと感じておられると思います。

FSC (Forest Stewardship Council、森林管理協議会)は、世界中全ての森林を対象とし、環境保全の点から見て適切に継続可能な森林管理を推進する活動を行なっている、非政府、非営利な活動を行なっている第三者機関です。

FSCが認定した森林から、切り出した材木から製造された木製品にFSC認証ラベルを付ける事により消費者にこの物がどこから来ているかを知らせ、消費者自身が地球環境に配慮した生活をしている事への認識を得る事が出来ます。

FSCの規格は大変に厳しく、認証された森林からその流通に関わる者、加工に係る工場すべてが認証を得ていないと最終製品にFSC認証ラベルの掲示は出来ません。

FSCの活動に関して、パンダのマークでよく目にするWWC(公益財団法人世界自然保護基金ジャパン)でも積極的に推奨されています。

皆様の冊子にFSC森林認証の表示をして頂き、消費者に環境配慮を積極的にPRされませんか?

気になる紙の価格ですが、同じ銘柄であれば、同じです。
従ってフリーペーパーを出版されている皆様には負担はありません。

使うには事前にFSC本部への認可申請をする必要があります。

銘柄は下記URLをクリックするとご覧頂けます。

http://goo.gl/X6Q8d

◆全米大豆協会からのお知らせ

2011.02.21

エコ

全米大豆協会はソイシールの利用が2011年9月に出来なくなるとしていました。
今回その方針を転換して、従来通り使用できるようにするとの発表がありました。

ソイシールロゴの商標登録更新、ソイシール使用許諾契約業務再開のお知らせ

アメリカ大豆協会日本事務所はソイシールロゴの商標登録更新手続きを済ませましたので、お知らせいたします。アメリカ大豆協会のソイシールロゴは、引き続きお使い頂けます。

昨年8月2日付文書で、ソイシール使用許諾契約業務終了のご連絡をいたしましたことにより、大豆インキ、印刷業界の皆様にはご心配、多大なご迷惑をお掛けし、混乱を引き起こしましたことを、心からお詫び申し上げます。
ソイシールロゴは10年以上に渡り皆様に広くご愛用頂いている商標で、日本では5505社がソイシール使用者として登録されています。今後とも引き続き、環境にやさしい大豆インキ及び大豆インキでの印刷物を表す商標ソイシールロゴをお使い頂きたくお願い申し上げます。もし何かご質問がございましたら、また新しい登録希望者がいらっしゃいましたら、アメリカ大豆協会日本事務所へお問い合わせください。ソイシール使用許諾契約業務を再開しております。今後ともご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

ソイシールの入れられる印刷物は、全米大豆油協会の認定を受けた印刷インキを使った印刷会社、若しくは印刷物の発注者がソイシール使用許諾契約を受けることによって使用が可能になります。
当社では、ソイシール以外に印刷インキ工業会認定の植物油インキのロゴシール許諾も得ています。

当社の通常のカラー印刷に使う印刷インキは、ソイシール及び植物油インキロゴ表示可能なインキです。
又、グリーン購入ネットワークのグリーン購入情報プラザに掲載されている印刷インキです。

◆ソイシール使用許諾契約業務終了

2010.08.19

エコ

アメリカ大豆協会の発表です。

・アメリカ大豆協会・ソイシール使用許諾契約業務終了のご連絡- 2010/8/2

アメリカ大豆協会は、組織変更のため、ソイシール使用許諾契約業務を9月末日にて終了することに致しましたので、ご連絡申し上げます。ソイシール商標登録有効期限は2011年4月末日となっておりますので、ソイシールの使用は2011年9月頃まで可能です。

インキ・印刷業界の皆様の多大なるご支援、ご協力により、大豆インキの生産量はプロモーション活動を開始した1995年から大きく増大し、2万トン以上の大豆油が大豆インキに使用されるようになりました。今後、大豆インキのプロモーション活動は米国本部主導で行うことになりますが、今後とも皆様のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

フリーペーパー印刷通販社は、ソイシールの対応をさせて頂いていましたが、合わせて日本印刷インキ工業連合会が制定している、「植物油インキ」の使用許諾を得ています。
当社での印刷物の殆どが「植物油インキ」を採用しております。
消費者への環境対応アピールの一環として、ご利用下さい。

◆グリーンプリンティングマーク(GPマーク)のお奨め! 

2010.04.01

エコ

フリーペーパー印刷通販社の母体である、株式会社西川印刷の環境活動がお客様への見える成果物として、環境省で推進している環境ラベルの一つであるGPマーク認証を受けました。

グリーンプリンティングマークは、社団法人 日本印刷産業連合会という各種の印刷関連工業組合を傘下においた最上位の非営利団体です。
グリーン基準を策定し、それがグリーン購入法によるグリーン購入のガイドラインの基本となったり、印刷物のリサイクルマークの推進母体となっており公共性の高い団体です。

印刷物の環境配慮認定のラベルは、全部で3種が登録されていますが、弊社がグリーンプリンティング認定に取組んだのは、上記理由によるものです。

GPマークは以下の3種あります。
★ は印刷物の工程の一部が認定工場から出荷される場合。
★★ は、グリーン基準2の印刷資材で印刷される場合
★★★ はグリーン基準1の印刷資材で印刷される場合

このマークの下に弊社の認定番号 P-K10007が入ります。

グリーン基準は、印刷資材全般に要求されますが、弊社では印刷用紙以外はグリーン基準1の要求を満足させています。

GPマークの使用に関して費用は発生しません。
国の環境対策の国民運動「チームマイナス6%」はチャレンジ25キャンペーンに生まれかわりました。
今後更に消費者の環境に対する強まると予想します。
環境に配慮された印刷物の証となる、GPマークの掲載をお勧め申し上げます。

グリーン基準の判断は、詳細な事柄が要求されます。
ぜひご相談下さい。

|1|23

テーマ アーカイブ
Windows10
DTP
ユニバーサルデザイン
エコ
基本情報 個人情報保護法 JIS Q 15001 プライバシーマーク
印刷用紙
PRINT 09 展示会
e-book
スマートフォン 
Google 検索
クラウド 
タブレット 
ソーシャルメディア ポリシー 
印刷機 
クラウド
Drupa 2012 展示会 
AR
QRコード 
Pintrest
デザリング
O2O
SNS
画像認識技術
セキュリティ 
動画マーケッティング 
マイナンバー 
オムニチャンネル 
3Dパノラマ
食品の機能性表示 
文字情報基盤 
基本情報
雑記
月別 アーカイブ
2015年11月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
年月
RSS1.0

サンプル請求、お問い合わせはお気軽に 電話096-319-5933(受付時間 AM8:30〜PM5:30)/お問い合わせフォームはクリック